司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

退職して司法書士を目指す

受験資格というのが決められていないので、これまでに全く違う業種で活躍していた人が、いきなり司法書士の合格を目指す事もある様です。

しかし、この司法書士の試験自体がとても合格率が低く、とても合格は難しいため、仕事を続けながら受験生活を送るのではなくて、退職して時間が自由に使える状態で勉強に取り組みたいという人もいます。

仕事を失う事になり収入も一定の期間は得られなくなりますので、かなり勇気が必要な事かもしれませんが、法律家になりたいという強い希望があれば、このような選択もいいでしょう。

司法書士の資格を取る事ができれば、法律関連の会社に転職しやすくなるという事も考えられます。

女性の任意整理の手続きについて

任意整理に関する悩みを抱えている日本人女性は、年々増加傾向にあるとされ、様々なトラブルを未然に回避するうえで、積極的に専門家に相談を持ち掛けることがおすすめです。

とりわけ、借金の総額を計算するには、ある程度の専門的な知識が必要となることがありますが、定期的に弁護士や司法書士などからアドバイスを受けることが大事です。

また、任意整理の手続きの取り方についてわからないことがある場合には、同年代の人々の体験談に目を通すことはもちろん、常日ごろから依頼先のスタッフとコミュニケーションを取ることが肝心です。

司法書士と過払い金の紛争のリスク

過払い金をめぐる紛争のリスクに備えるためには、腕利きの司法書士に対応を依頼することが欠かせないテーマの一つとして挙げられます。 現在のところ、プロの法律家の活躍ぶりに関して、ネット上でしばしば情報交換が行われることがあるため、空き時間を使いながら、過払い金の解決方法を理解することが望ましいといえます。

また、司法書士の報酬額の相場を理解するためには、高度なテクニックが要求されることがあります。 そこで、将来的な不安を解消するために、同じような状況にある人からアドバイスを受けることがとてもおすすめです。

印鑑証明書を司法書士が取ることはできる?

司法書士は、本人に委任された職務を行う上で必要がある限り、本人の同意なく本人の戸籍謄本や住民票を請求して取得することができます。印鑑証明は、契約書に押された印鑑が、登録されている実印であることを証明するためにあり、本人の同意なく請求することはできませんし、当然取得もできません。

ただし、印鑑登録カードを本人から受け取っていれば、印鑑証明書の請求と取得について委任されているとみなされます。司法書士には代理権があると考えられるので、代理申請して取得することができます。 ただし、実際の実印がなければ契約書に押すことはできませんから、実印が押された契約書がなくて、印鑑証明書と不動産権利書だけがある状態では、司法書士といえども、不動産の所有権移転登記はできません。

司法書士事務所と法律事務所への相談の仕方

初めて相談に行く時ですと、本当にその事務所が自分に合っているのか不安になってしまいますよね。司法書士も弁護士も、人間ですので自分に合う人、合わない人がいます。比較も検討もせず最初に行った所に決めてしまって実は性格などが合わないとなってしまうと後々やり取りをしていく中で非常に辛いです。そうならないためにもまずは事務所に足を運ぶ前に司法書士事務所や法律事務所へ電話にて相談してみてはいかがでしょうか?

電話での相談だけならタダで受けてくれるという所がほとんどですし、電話で話した方が実際にどんな人が自分の担当になってくれるのかを体感することができます。

限定された司法書士の代理訴訟とは

法律事務所の中には司法書士が対応しているケースもあります。確かに身近な法律相談はできるようですが、弁護士と比べて対応できる範囲が法律で制限されているため、法律事務所を名乗ることに否定的な弁護士もいます。

土地の名義変更や、役所へ出す資料作成で、顔見知りの司法書士がいることもあり、何かと頼りがいのある存在です。ですが、訴訟問題などには対応できないため、やはりこの場合は弁護士へ依頼するしかありません。唯一代理訴訟ができるのは、認定取得者だけが、140万円以下の訴額に対応できることです。例えば債務整理です。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

司法書士の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報