司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

兄弟同士で遺産相続について揉める

兄弟同士で遺産相続について揉めるというのはありがちな事です。たびたびドラマなどでも取り上げられる事もあるほどです。やはり一人っ子である場合に比べると、兄弟が多い方が揉める可能性がより高い様ですね。

兄弟がたくさんいる場合などは、慎重に手続きを進める様にしたいですね。更に子供とは別に養子がいた場合などは、どの様に遺産相続するか、という事で問題になる可能性もあります。

本当に困っている時に助けてくれる身内と争ってしまうという事は極力ない様に気を付けたいですね。その後もいい関係を保っていきたいですね。不安な場合には、本人が曖昧にしておかずはっきりと明確に示しておくといいでしょう。

配偶者の遺産相続に関する相続税について

配偶者は子どもがいる場合には遺産の1/2を相続できることが法律で決められていますが、これにかかる税金がどのようになるのかはあまり知られていません。しかし、知っておくと得する事が有ります。

中でも知っておきたいのは、遺産相続において配偶者が相続する遺産が遺産全体の1/2以下である場合にはこれに関して相続税がかからないことが有るということです。

但し、相続税の申告手続きなどを決められた期間内に行う必要があります。これをしっかりと行わないと、せっかくの制度が利用できないことになってしまいます。遺産相続の諸手続きについては専門の弁護士などに相談しきちんと行うことが大切です。

愛人に遺産相続権はあるのか

故人に愛人や事実婚(内縁)関係の相手がいた場合でも 基本的に遺産相続の権利は発生しません。 あくまで遺産相続の権利があるのは、法定相続人である 配偶者や実子です。

例外として、故人に法定相続人が居なかった場合に 特別縁故者として認められれば、遺産を受け取れる可能性があります。

愛人には相続権がありませんが、故人との間に子供がいて 故人が認知していた場合は、その子供には権利が発生します。 以前は、配偶者との子供である嫡出子と そうではない非嫡出子とでは遺産の配分額に差がありましたが、 平成25年の民法改正により、同一額となりました。

遺産相続相談にかかる費用について

遺産相続相談を業務として受けている法律事務所は大阪や神戸などの大きな街には多くなっています。 必要な費用については、相談内容や相談先によって違いがありますが、初回は無料で相談に応じてくれる事務所を見つけることも出来るでしょう。

遺産相続相談では、遺言書の書き方や遺産の適切な分割方法や遺言執行などについて相談することができます。 また、相談を通じて書類作成をお願いすることになれば、相談の費用も異なってくるでしょう。 相談に必要な報酬については、事前にしっかりと確認した上で依頼をすれば、大きな出費も抑えることができるでしょう。

司法書士に遺産相続相談する際の選び方

相続する財産の中に不動産が含まれるケースの多い遺産相続相談では、もともと登記手続きの専門家である司法書士への依頼を検討する方も多いと思います。どの事務所に依頼したとしても、不動産の名義変更の手続きなどは問題無く完了できますが、遺産相続相談全体の視点で見るとそれぞれに違いがあるので、見積もりなどを比較し、ニーズに合った事務所を選ぶ必要があります。

また、大阪・神戸で司法書士に遺産相続相談をする場合、まずは自宅や職場から近い事務所を検討した方が良いでしょう。事務所には相談や打ち合わせで何度か足を運ぶことになりますが、近距離ならば気軽さがあり、交通費を抑えることもできます。

相続手続きの問題解決策について

遺産に関する相続手続きは、相続人同士での話し合いや遺言書の有無など、様々な要素が関連しながら正しい手続きを行う事が必要となります。金銭を巡る協議においては、どうしてもトラブルに発展しがちな問題でもあるものの、弁護士や司法書士などの法律専門家の存在によって、速やかに対処されるケースも多く見受けられます。

また、相続人同士での問題や争いが発生した場合には、家庭裁判所の介入も行われるため、様々な機関の存在を上手く利用することで、日常生活の中でのストレスを抱えずに相続問題を解決させることができるでしょう。

相続手続きでやらなければならないことが沢山ある

相続手続きを始める前に行わなければならないことが実は沢山あることをご存じでしょうか?故人が亡くなってから何日以内の内に行わなければならないのか別に見ていきましょう。まずは1週間以内に行わなければならないことです。

①死亡届けの提出②葬式の手配③お葬式・お通夜などです。この間に親族への連絡なども済まさなければなりません。次に3ヶ月以内にやらなければならないことです。①遺言書の確認②四九日③香典返しなど、今まで行っていなかった細かな手続きが必要になってきます。限定承認や、相続の放棄なども3ヶ月以内が期限になっているため、これらの見直しが必要になってきます。

遺産相続手続き、遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産相続の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報