司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

自己破産が増加傾向にある現実

不景気が長く続き、借金を返そうと思っていてもなかなか思うようにいかず、更にその返済や再建のために借金をおこない、多重債務者となってしまうケースも多くあります。

債務整理でも、自己破産しか方法がないという人も増加してきております。

早い時期であれば、自己破産までいかずに個人再生などで、マイホームなどは手元に残り生活を維持しながら再建が可能なケースも、多重債務をおこなってしまい、どうにもならなくなる場合もあります。

逆に自己破産をおこなわなくても、他の債務整理をおこなうことができたために、生活の再建が早くできることなどもあります。

個人で対応できなくなる前に、まずは司法書士などに相談してみることが大切です。
自己破産は借金を返済しなくてもいい状況になり、肩の荷はおりるかもしれませんが、デメリットも多くあり、これからの人生の再建に邪魔となることもあります。

少しでも早く借金相談をおこなう事で、自身の状況の悪化を防ぐ事ができるのではないでしょうか。

代理人でない司法書士に依頼する自己破産

きっと司法書士も法律家だから、自己破産について相談すると、必要な手続きを代行してくれるだろうと思っている人は、司法書士が自己破産の際に携わる事ができる業務について知っておいた方がいいと思います。

自己破産の時に、すべてを手伝ってもらいたいと考える人は多いと思いますが、司法書士は代理人になれませんので、その点に注意したいですね。司法書士は自己破産の際に書類を作ってくれたり、アドバイスをしてくれたりはしますが、重要となる裁判所での審尋まで頼る事はできません。特に不安を抱えている人などであれば、自己破産を司法書士ではなく、弁護士に最初から相談しておくというのも一つの方法ではないでしょうか。

借金相談をして、一回で自己破産を確定させるには

自己破産を行う際には司法書士や弁護士に手助けを借りた方が良い場合があります。自分で自己破産の手続きを行う事も可能ですが、かなり法律の知識が必要になります。そのため何度も家庭裁判所に出入りする事が必要になります。

それに比べて司法書士や弁護士が手続きを行うと一回で確定する場合がほとんどです。 これらの専門職に依頼した場合、自己破産とは別に費用がかかりますが、ほとんどの場合分割支払いに対応しているのでお金の面ではまず心配ないです。それでも支払いができない場合には法テラスに相談すると立替え払いしてもらう事が出来ます。

司法書士の無料相談から自己破産へ

オンラインで自己破産や司法書士などのキーワードで検索する事で、自分にピッタリの法律家を探そうとする人も少なくないみたいですね。いい司法書士との出会いがあれば、自己破産という究極の解決方法がスムーズに進む事もあるかと思います。

やはり自己破産を考えているのであれば、自分にとっていいと思われる司法書士に出会いたいと考える人もいます。しかし、自己破産を考えている人は司法書士に支払う報酬が用意できるのかという事で不安を感じている人もいるみたいです。司法書士は無料相談から自己破産の相談をすると、問題の着手がしやすいと感じられる事もあるでしょう。たくさんの人が無料相談を利用しています。

自己破産の相談は誰にするべき?

自己破産をするかどうかというのはその人にとって非常に大きな問題になるため、手続きに入る前に相談をしたいというのは普通のことです。 それを誰に話せば良いのかと言われるとすぐには思いつかない人も多いのですが、この場合は基本的に弁護士か、法テラスのどちらかが適当となるでしょう。

まず弁護士は法律の専門家であり、自己破産は破産法に基づいて行われる法的な手続きです。 そのため弁護士に相談すればまず間違いなく、適切なアドバイスをくれます。 これに対して法テラスというのは法務省が、国民それぞれの収入によって法律問題解決の方法にアクセスできない状態を解決するために作った施設です。

ここでは自己破産を含む法律問題の解決についてアドバイスをくれますし、無料で弁護士などへの紹介もしてくれますから、もし収入的に弁護士を雇うことが難しい場合には利用を検討できます。 誰にも話さずに一人で考えると良い考えも浮かびませんから、迷った時には誰かに話すようにしましょう。

自己破産への2ステップ破産宣告の意味とは

自己破産には2つの段階があり、まず、破産宣告をした場合には、ただ単に、借金の支払いが不能になったことを宣告するだけなので、支払い義務はまだ負っているけど、それによって暫定的に債権者からの催促や取り立てからは解放されることになります。

自己破産で借金を0にするためには、続いて免責という手続きが必要となります。この二つの段階を組まなければ借金を0にすることはできません。 ただし、免責というものは必ず降りるものではありません。免責が許されないという場合もあり、免責不許可事由に引っかかるようなことをした場合には、免責を受けることができません。

自己破産するとクレジットカードの利用はどうなるのか

自己破産をすると、個人信用情報にその事実が5~7年間記録として残りますし、官報の記録は10年間残りますので、最低でも5~7年、場合によっては10年間はクレジットカードの新規作成が難しくなります。難しくなるというのは、現実には、自己破産後、2~3年で復活を遂げ高収入を上げている人は多くいます。

そして、その中には、5~7年待たずして新規でクレジットカードを作成できた人がいるわけです。もちろん、レアケースではありますが、特に、外資系の場合には、審査時に過去の状況よりも現在の状況を重視する傾向がありますので、この場合には、審査に通る可能性があるということです。

自己破産における借金相談

大阪府のホームページなどでは、借金相談を請け負ってもらうための窓口や、借金問題を解決させたい方にとって役立つ情報が数多く公開されています。また債務方法についての解説や、実際に手続きを進めたい場合の方法なども調べることができ、任意整理や特定調停、民事再生、自己破産といった説明が詳しく掲載されています。

また相談するにあたって準備しておく必要があるものなどについても知る事ができるため、不安要素の少ない状態で実際の行動に移せます。これまで大きな問題を抱えながらも、なかなか解決に向かって動き出せなかった方も、一歩踏み出すチャンスです。

多額の借金に悩んでいて、債務整理でも自己破産を考えている方へ

長年、多額の借金に悩んでいて、債務整理でも自己破産を考えている方は、抱えている借金の額も大きく、ずっと悩んできた事が伺えます。専門機関の担当者や、弁護士に一度借金相談をすることをおすすめします。

自己破産ですと、裁判所に申し立てをしなければいけませんので、手続きが任意整理とは異なり、煩雑になってしまいます。ずっと一人で悩んでいると借金も深刻化してしまいますし、第三者の的確な意見を入れることは大切です。又、近年多重債務者が増えたことから、東京や大阪の大都市では、弁護士事務所や専門の機関が増えています。

自己破産には時間がかかります

大阪などの大都市では数々の司法書士事務所があり、様々なパターンの借金返済方法について相談にのり、アドバイスをくれます。返済方法の中で最終手段と言われているのが自己破産です。どういった内容なのかイマイチわからないとい人でも単語だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。

簡単に説明をすると裁判所に「破産申立書」を出し、「免責許可」というものをもらい、抱えている借金をゼロにするという手続きのことです。手続きを始めてから許可がおりるまで早くても3ヶ月以上かかると言われておりますが、一度許可がおりてしまえば制限はありますが返済に悩むことが少なくなります。

自己破産の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報